昨今では、

①披露宴実施者の流出
②媒体効果の低下
③エージェント費用の増加・送客者の質の低下(成約率の低下)

が加速しており、より一層集客が難しくなってきているのを実感いたします。
ただ、何とか売上の根源である集客を確保しなければ、施設の存続に関わってきます。

そのような中でも、1月は年間で一番集客が多い、とても重要な月になりますので
1月に成約を何組獲得できるかで、来年度の売上が大きく左右されます。

あまり想像したくないですが、1月に成約を獲得できないと通常月でカバーするのは
倍以上の努力と費用が必要になってくるということです。

私も過去の経験で、成約率の高い12月に広告費を投下して集客を増やす試みをしましたが、マーケットが動いていないときに広告費を掛けても効果はそれほど伸びないことが分かりました。
一番効果的なお金の使い方は、マーケットが動いている時に投資することです。

 

勝負の分かれ目は、やはり「集客できるか!?」だと思います。
集客に特化して、1月商戦に向けて準備された方が良いと思う項目を私なりにまとめてみました。

今からでは少し時間が足りない事もございますが、出来ることを1つでも行い1組でも多く集客していただければと思います。

 

1月商戦に向けてやるべき4つのコト

①集客戦略(媒体・フェアなど)の見直し

・効果のない媒体をやめ、新たな媒体を見つける
・集客に合わせた媒体展開とフェアの企画

②1月に向けて集客源をつくる

・結婚情報誌やエージェント以外からの集客源をつくる

③ビジュアルの改善

・施設の魅力を象徴する”集客できるKeyビジュアル”の撮影
・お洒落さの追求だけでなく戦略的な写真撮影
・すべての媒体の素材であるビジュアルを改善し媒体効果をあげ

④自社HPの改善

・施設の魅力、他施設との差別化が図れるコンテンツ追加
・自社の効果的な情報発信
・予約までのスムーズな導線

などが最優先かと思います。



※内容など、ご質問やご相談がございましたらアドバイスさせて頂きますので
お気軽にお問い合わせください。

※制作実績はこちら>>

 

今までとは違うことに ‟ チャレンジ ” することが
今、最も必要なことかもしれません。

 


株式会社フォーサイトクリエイション

TEL:06-6556-751
お問い合わせはこちら