今、地方のブライダル施設は、「集客」という大きな問題に直面しています。
結婚式の多様化、未婚率の増加に加えて、交通アクセスが便利になればなるほど、
若者はどんどん都会へ流出していく今、地方のウエディングマーケットの縮小化は思っている以上に急速に進んでいます。

地方戦略で売上を積み上げてきたブライダル企業が
マーケットの大きい都市に新規出店やM&Aを進めてきているのもその為です。

今後、日本のウエディングマーケットの縮小は回避できませんが、まず地方からその問題に直面することは間違いありません。

では、地方のウエディング施設は今後どうなるのでしょうか?
結論から言うと、結婚式は無くならない。ただ需要から外れた施設が閉店し、勝ち組施設のみ生き残るということです。

私が言うまでもなく、どの施設様も既に色々な対策を行われているかと思います。
今までの経験から、大きなマーケットでは施設の知名度を上げれば集客は増えますが、
限られたマーケットでは殆どの方が施設を既に知っている為、ただ知名度を上げるだけでは、多くの集客を見込むことは難しいように思われます。

では、勝ち組に残るにはどうすれば良いか?
まずは、
施設の魅力を再度見直し、それが伝わる写真撮影や広告媒体、WEBサイトなどのツールを見直していく。

広告・集客計画の作成と計測をしっかり行い、スピーディーに戦略に落とし込んでいく。

地域密着戦略
をお勧めいたします。

 

※制作実績はこちら>>

 

 

株式会社フォーサイトクリエイション
TEL:06-6556-7519
お問い合わせはこちら≫